FC2ブログ

クレジットカード徹底比較「ゲット!クレジットカード」

今やクレジットカードは沢山ありますが、年会費が永久無料のものや初年度だけ無料のもの等があり、カードによってポイント還元率や優待特典、付帯保険が各種ついているカード、全くないもの等イロイロです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
貸金業法の改正の関係もあって、最近のクレジットカード会社をめぐる環境は芳しくありません。そのためクレジットカード会社どうしの統合の動きも活発になってきています。のみならず、銀行間の経営統合の動きが、クレジットカード会社の統合の動きに影響を与えている面もあります。

まず、ニコスカードといえば元の日本信販ですが、2005年10月に当時のUFJ銀行の子会社となり、同時にUFJグループのUFJカード(旧ミリオンカード)と合併し、UFJニコス株式会社になりました。さらに、昨年2007年4月には親会社のUFJ銀行が東京三菱銀行と合併したのに伴い、三菱銀行系のDCカード(ディーシー)を吸収合併し、三菱UFJニコス株式会社となりました。これはクレジットカード業界としては2007年で最も大きな話題の一つだと思います。但し、会社は一つになりましたが、カードブランドは今尚、NICOSカードUFJカードDCカードと別々になっています。

一方、三菱東京UFJグループ内には、DCカードの他に旧東海銀行に近かったセントラルファイナンス(CFカード)もありましたが、銀行本体がグループ内の別に信販会社であるジャックスとの経営統合をせまったことを嫌気し、CFカードは同グループを去り、三井住友フィナンシャルグループに移りました。

そしてその三井住友フィナンシャルグループで、またまた大きな経営統合の話が進んでいます。上記のCFカードに、OMCカードクオークカードを合わせた合併を2009年4月をメドに検討していることがこの程発表されました。これは大手が3社も集まるかなり規模の大きな合併であり、三菱UFJニコスをもしのぐ可能性があります。CFカードとクオークとの合併話は以前からあり、これだけでも業界3位って言われていましたからね。三井住友フィナンシャルグループにはもう一つ三井住友VISAカードがありますが、こちらは合併には参加しないものの、同じ中間持ち株会社の傘下にぶら下がる形で経営統合が進むそうです。

カード利用者からみれば、統合によってクレジットカード会社の体力が回復して、サービスがよくなることを望むばかりです。統合のためにそれぞれのブランドのクレジットカードのいいところがどんどん切られていって、個性がなくなっていってはたまりません。

また、これ以外にもセゾンカードとUCカードが経営統合するなど、カード会社の数がどんどん減ってきていますが、あまり減少すると競争がなくなりサービス低下が懸念されますので、そろそろ打ち止めにして欲しいと言うのが個人的な見解です(ソニーカードやSBIカードなどの新興カード会社もありますが、カード発行規模の面から言えばまだまだこれからですからね)。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
TSUTAYAの会員カードなのに...
ポイントとは別に"1%OFF"
最近の記事
ランキング集
ブログ内検索
ゴールドカード・プレミアカード
その他クレジットカード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。