FC2ブログ

クレジットカード徹底比較「ゲット!クレジットカード」

今やクレジットカードは沢山ありますが、年会費が永久無料のものや初年度だけ無料のもの等があり、カードによってポイント還元率や優待特典、付帯保険が各種ついているカード、全くないもの等イロイロです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
本日は、クレジットカードの国際ブランド、VISA、MastercardおよびJCBについてみていきましょう。

VISAは、アメリカのカリフォルニア州の銀行バンクアメリカが1958年に発行したBankAmeriCard がもとになっています。1973年にカリフォルニア州で金融機関間組織として設立され、1976年からVISAという名前を使用するようになりました。現在、加盟店は2000万以上、カード保有者も13億以上。

VISA International(ビザ・インターナショナル)は全世界の20000以上の会員金融機関がメンバーとなっています。VISA自体は決済システムの開発、運営、メンテナンス、ブランド管理・マーケティング等を行う非営利法人で、カードの発行は会員会社(プリンシプルメンバー)が行う形になっています。

本体のVISA International Service Associations の他に、法人化されたVISA USA、VISAヨーロッパ、VISA カナダの3社と、法人化されていないVISA アジアパシフィック、VISA LAC、VISA CEMEDAがグループを構成し、それぞれ地域の売上高に応じて代表をVISAインターナショナルの取締役会に出しています。

一方、VISAと並ぶクレジットカードの2大ブランドの一つがMasterCardです。こちらも金融機関同士の組織という形態で運営されています。1966年にカリフォルニア銀行を中心に設立されたICA(Interbank Card Association)を中心に発展し、MasterCardという名称を用いるようになったのは1979年から。その後1985年にEurocard(ユーロカード)と提携し(その後合併)、ヨーロッパで最も強いカードといわれています。

MasterCardもVISA同様、それ自体はクレジットカードの発行をしておらず、MasterCardと提携をした企業がMasterCardに代わってクレジットカードを発行しています。会員金融機関およびカード会社は約25000社、加盟店は全世界で2400万以上です。

VISAは「Plus(プラス)」、Mastercardは「Cirrus(シーラス)」、と呼ばれるATMネットワーク(オンラインシステム)を構築しており、あなたのカードの裏側にもこれらのマークが入っていると思います。海外へ行くと各々のマークのあるATMでキャッシングが受けられたりしますので、覚えておきましょう(ちなみにJCBのクレジットカードもCirrus(シーラス)で利用できることがあります)。

JCBは日本社で唯一の国際ブランドといえるクレジットカード会社です。日本国内で利用する場合は、もちろん最も利用しやすいクレジットカードです。国内カード発行数は第1位。JCBという名前は、前身である日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)の頭文字を取ったもの。日本クレジットビューローは1961年に創業、1968年に大阪クレジットビューローと合併、1978年に株式会社ジェーシービーという現在の社名になりました。これをみてわかるとおり、歴史の長さはVISAやMastercard等の他のクレジットカードとひけをとりません。

1981年の香港を皮切りに海外に進出し、VISAやMastercardに比較すると加盟店数は少ないですが、160カ国/地域に海外拠点を持ち、日本人がよく旅行するようなところではほとんど困りません。実は加盟店数約1400万の半分以上が海外所在です。会員数5700万人。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
TSUTAYAの会員カードなのに...
ポイントとは別に"1%OFF"
最近の記事
ランキング集
ブログ内検索
ゴールドカード・プレミアカード
その他クレジットカード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。