FC2ブログ

クレジットカード徹底比較「ゲット!クレジットカード」

今やクレジットカードは沢山ありますが、年会費が永久無料のものや初年度だけ無料のもの等があり、カードによってポイント還元率や優待特典、付帯保険が各種ついているカード、全くないもの等イロイロです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、一括払いを自動的にリボ払いにする制度ですが、本来年会費有料の三井住友VISAカードの年会費を無料(ゴールドカード等は半額)にし、しかも付与ポイントを2倍にする二重にお得な優れた制度でした。リボ払いは金利手数料が気になるところですが、1ヶ月以内に電話をかけて翌月一括引落しを指示すれば金利手数料はかからずに得することができるということを以前にもご紹介していました

ところが、今回2008年4月分から「マイ・ペイすリボ」の付与ポイントが2倍でなくなります。これは痛いですね。確かにクレジットカード業界は改正貸金業法などの影響もあり厳しい状況というのはわかってますが、三井住友VISAカードと言えば、テレビCMの影響もあり、日本のクレジットカードのスタンダード的存在とみなされるカードですし、銀行系ということもあり、まだまだ大丈夫だろうとタカをくくってたのですが、甘くなかったということですね。

こうなると、他のクレジットカードへの波及も気になります。現在多くのクレジットカードでリボ払いでポイント2倍付与を行っていますが、三井住友VISAカードにならってみんな無くしていくとイヤですよね。

尚、「マイ・ペイすリボ」による年会費無料(ゴールドカード等は半額)化は引き続き残るようです。

さらに、三井住友VISAカードでは、同じく4月から電子マネーEdyチャージに対するポイント付与もなくなるそうです。特にANA-VISAカードを持っていた人は、「マイ・ペイすリボ」にした上で、Edyチャージでポイントゲット、さらにEdyを使ってポイントゲットと2重にポイントを稼いできたわけですが、これもできなくなるということで、三井住友VISAカードの魅力が一挙になくなってしまいますね。

残るEdyチャージ可能なカードとしては、ライフMasterカードUFJカードNICOSカードなどがありますが、これらのカードが方針を変更するのも時間の問題なのかな。そうなるとポイント制度自体がほぼ無価値なものになり、陸マイラーという存在も消えてしまいそうで怖いです。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
TSUTAYAの会員カードなのに...
ポイントとは別に"1%OFF"
最近の記事
ランキング集
ブログ内検索
ゴールドカード・プレミアカード
その他クレジットカード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。