FC2ブログ

クレジットカード徹底比較「ゲット!クレジットカード」

今やクレジットカードは沢山ありますが、年会費が永久無料のものや初年度だけ無料のもの等があり、カードによってポイント還元率や優待特典、付帯保険が各種ついているカード、全くないもの等イロイロです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
主婦に嬉しいクレジットカード、それが『アイワイカード
 
このカードは全国のイトーヨーカドーでお得に使える
クレジットカードです。
 
特定日には、衣料品だけではなく食料品も全品5%割引で買物が
できるという、主婦にとってはかなりお得なサービスを受ける
ことができるカードです。
 
また、カード払いでは100円で1.5ポイント、
現金払いでも100円で1ポイントがつくという、豪華なサービス。
もちろんセブンアンドワイグループ以外のお店でカード払いしても
業界平均なみのポイントはつきます。

1ポイント1円として、買い物の際に利用ができるので、金券交換
の手間もないし、何千ポイント溜まるまで待つ必要もありません。
家族カード(年200円)を作って家族にも渡しておけば、ポイントのたまるスピードもさらに上がります。
 
あなたの近くにイトーヨーカドーがある、という方や、
買い物でよく行かれる方は、是非持っていたい1枚と言えるでしょう。

さらに現在、ネットから入会していただいた方を対象に、
もれなく1000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。
1000ポイントと言えば現金で10万円分の買物をした際に
もらえるポイントと同じです。スゴイですね
 
年会費も初年度は無料、翌年度からは500円ですが、年に5万円カード払いすれば翌年度も無料になりますので、日々の買物をカードで支払えばワケはありませんね。
 
このカードでは、4種類のカードがあり、通常のアイワイカードの他、アリオモール、ロビンソン百貨店、オッシュマンズ各店にそれぞれに対応したカードがあります。ですので、自分がよく利用する百貨店のカードを選択すると、メリットもより大きくなりますよ。
  
利用者の声を見ても、
「ポイントを効率よく貯めれて、使いたい時に使えてとても良い」
「現金でもカード払いでもポイントがつく」
「ギフトカードで支払ってもポイントがつくのは有り難い」
と、多くの利用者が絶賛をしているカードです。
 
貯まりやすいポイント制、特定日の割引サービス。
主婦に強い味方の、カードであり、
イトーヨーカドーをよく利用する方にはオススメのカードでしょう!


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。


楽天カードのコンビニ払が出来なくなるようです。最近利用明細書に同封された文書で、「2月末までに口座振替依頼書を提出しないと、利用停止・利用枠減額等の手続きをとる」旨の連絡があったそうです。

楽天カードは本来は口座振替により利用金額を支払いカードなのですが、カード作成時に口座振替依頼書を送らなかった場合は、コンビニで支払える請求書が送られてくるので、事実上コンビニ払いで利用できたカードでした。

コンビニで支払うと最大で315円の手数料を取られるのに、何故そんなことをするのかというと、電子マネーEdyを利用したポイント二重取りの為です。

すなわち、まず、、ライフMasterカードで電子マネーEdyにチャージします。ここでライフカードにポイントが付与されます。そして次に楽天カードで好きな買物をし、楽天カードのポイントをゲットします。最後に楽天カードの支払いをEdyで支払えば、ライフカード、楽天カードのポイント二重取りが完結するというわけです。

さらに言いますと、ライフカードも楽天カードもANA(全日空)のマイルにポイントを移行できるため、この方法はANAの無料航空券をゲットしようとしている陸マイラーが多用しています。しかも、ライフカードは誕生月にポイントが5倍になりますので、誕生月にEdyに可能な限りチャージしておき、それを月々の楽天カードの支払いに使用します。

楽天カードのコンビニ払が出来なくなると、以上の手法が使えなくなるので、陸マイラーにはかなりの痛手ですね。他のコンビニ払いできるカードというと、OMC Jiyu!da!カードがありますが、こちらはJALマイルへの移行カードですので、マイルの統合という意味はなくなります。

陸マイラーの中には、利用枠減額でとどまるかもしれないという淡い期待からか、様子見をしている人もいるようです。ちょっと他によい代替手段が考えにくいのが辛いところで、JALユーザーに変わる人も出てくるかもしれませんね。

もっとも、ライフMasterカードのEdyチャージによるポイントゲットの魅力は、なにもポイント二重取りだけではありません。私は本来クレジットカード払いできない税金や公的保険料をライフカードでチャージしたEdyで支払って年に何千円分ものポイントをゲットしております(もちろん誕生月ポイント5倍を効かして)。こういった使い方は今回の件に関係なくまだまだできますね。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。

1%自動割引+ポイントバックの大盤振る舞いで有名なポケットカード株式会社のP-oneカードが新しいカードの発行を開始しました。その名は「P-one FLEXY」。もちろんP-oneカードと同様年会費永年無料です。今日はこの「P-one FLEXY」について検討してみましょう。

「P-one FLEXY」は自由支払い型リボリディング払い専用カードのP-oneです。1回払い利用分がリボ払いになり、余裕がある時は月々の返済金額を自由に変更可能です。この金額設定は1000円単位で可能ですし、残額を一括返済することも可能です。P-oneでもリボ払いは利用可能ですが、このような月々の返済金額の変更はできなかったので、この点では「P-one FLEXY」の方が優れています。しかし、ATMなど追加払いできるようではなく、もうちょっと使い勝手をよくして欲しいってところもありますね。

請求時に1%自動割引される点はP-oneと同じ。また、基本的な付与ポイントは利用金額1000円につき2ポイントと、P-oneの2倍になっています。この点、P-oneでもリボ払いにすればポイントが2倍になるので違いはないようにも見えますが、上述のとおり「P-one FLEXY」ではリボ払い利用分をあとで翌月一括返済に変更することもできる点(P-oneではできない)、P-oneより優れています。これで1%割引+ポイント還元0.4%×2=1.8%還元を恒常的に実現できる年会費無料カードの誕生です。2008年6月まではキャンペーンで利用金額1000円につき3ポイント付与されるので、さらにお得です。

反面、P-oneで2009年2月まで実施している毎月7日のポイント10倍キャンペーンは「P-one FLEXY」には適用がありません。

それから、P-oneには付帯補償が全くありませんでしたが、「P-one FLEXY」には90日間最高50万円までの購入商品安心保険が自動付帯します。さらにWeb上でのカードの悪用から守る「インターネット保障」も標準装備です。

反面、P-oneでは提携国際ブランドをVISA、Mastercard、JCBから選択できましたが、「P-one FLEXY」ではMastercardに決まっています。

その他、ワーナー・マイカル・シネマズ300円OFFや、月735円のロードサービス・オプション等は違いがありません。

以上を総合的に考えると、またP-oneは高還元率に魅力を感じる人が多いことをかんがみると、ポイントの観点からはあと1年ほどはP-oneカード、その後は「P-one FLEXY」に切り替えって感じでしょうか。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。

以前の「携帯電話料金の引落としに使うべきクレジットカードはどれだ?」で紹介が漏れていたカードがあったので、ここでご紹介します。

そのカードはUFJ K-Powerカードです。このカードは年会費が1,575円の有料カード(但し、初年度は年会費無料。学生は在学中無料)ですが、カード利用金額に応じて、携帯電話・PHS料金が最大50%割引にまでなるカードです。但し、割引対象となる携帯電話・PHS料金は1ヶ月で最高1万円までですので、1ヶ月あたりの割引金額は最高で5000円までですが、それでも普通のクレジットカードのポイントバックの水準と比べると格段に大きいですよね。

具体的には、月間利用金額が3万円以上5万円未満なら10%、5万円以上10万円未満なら15%、10万円以上15万円未満なら20%という感じで割引率がアップしていき、月間25万円以上の利用で50%割引になります。月間利用金額が3万円だと割引が全くありませんので、このカードは結構クレジットカードを利用することが多い方にお勧めのカードということになります。

但し、UFJカードでは支払方法をリボ払いの一種である自由払い「楽PAY」にすると、ポイント付与率が2倍になりますので、そうすれば月間利用金額が1.5万円以上2.5万円未満で10%、月間12.5万円以上の利用で50%割引になります。リボ払いといっても初回請求までに全額返済すれば金利手数料はかからず、ポイント2倍はそのままですので、この方法でかなり大きな割引を比較的容易にゲットできるでしょう。

UFJ K?POWERでは、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコムのいずれの料金も割引対象となります。

同じ三菱UFJニコスがこのような利用金額に応じた割引率のUFJ K-Powerカードと、携帯料金一律2%ポイントバックのNICOSケータイカードの両方を発行しているのが面白いですね(ブランドは違いますが)。あなたのカード利用状況、携帯利用状況に応じて、どちらか得する方をお選びください(多分UFJ K?POWERで割引ゼロとならない限り、K?POWERの方が有利であることが多いと思います)。


人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。
多くのクレジットカードには家族カードというものがあります。これはその名のとおり本カード保有者の家族が使えるカードですが、あくまでも付随カードですので、利用限度額は本カードと共有ですし、また本カードが失効すると家族カードも使えなくなるというのが通常です。

しかし、他方で本人と家族のカード利用金額を合算の上でポイントが合算されます(ボーナス・ポイント付与の判定においても同様です)ので、ポイントを貯めるには家族カードの発行を受けて、家族に持たせておくということも大変有効です。

年会費無料カードの家族カードなら、枚数は別として、少なくとも1枚は家族カードは無料で発行してもらえるのが通常です。また、有料カードでも、本カードよりは年会費が安いのは普通ですので、ポイント合算とあわせて、各人別々にカードを作るよりもメリットがあります。

ところで、家族カードという以上、一般には家族にしか発行してもらうことはできません。しかし、2007年11月末現在で、一つだけ家族以外に人にも家族カードを発行してくれるクレジットカードがあります。それはSBIカードです。

SBIカードでは、「ファミリーアカウント」という名称を使用しており、家族であろうとなかろうと、第三者も含めて最大で10枚まで家族カードを発行してもらえます。また家族カードの利用限度額は通常のクレジットカードの場合は本カードと共有ですが、SBIカードの場合、各家族カード毎に全体の利用限度額を割り振ることができます。たとえば全体の利用限度額が100万円として、本カードに60万円、家族カードAに30万円、家族カードBに10万円といった具合に設定できます。

家族カードは1枚は無料で発行してもらえますが、2枚目以降は残念ながら有料です。本カードが年会費永年無料のSBIレギュラーカードの場合で、2枚目以降の家族カードの年会費は525円です。ちなみに、家族カード1枚無料となるのは、ゴールドカード(年会費5250円)やプラチナカードでも同様ですので、1家族で複数毎のプレミアムカードを低コストで手に入れられます。

家族カード保有者は、本カード保有者同様、最高2000万円までの国内・海外旅行傷害保険が付帯します(但し、旅行代金をSBIカードで支払うことが条件)。また、家族カードを保有しない同行家族にも、同保険で半額までの補償があるのもSBIカードならではのうれしいサービスですよね(この補償は家族限定で、第三者は除かれます)。

今なら下記URLのキャンペーンサイトから申し込めば、はずれでも1000円相当のキャッシュバック、あわよくば iPod touch があたります。クイズには個人情報ゼロで何度でも挑戦できますので、おヒマな人は iPod touch を目指して頑張ってもるのも一興です(笑)。




人気blogランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。

TSUTAYAの会員カードなのに...
ポイントとは別に"1%OFF"
最近の記事
ランキング集
ブログ内検索
ゴールドカード・プレミアカード
その他クレジットカード
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。